2010年11月26日

ATPファイナルで

ATPファイナルのフォトで興味深い物があったんでご紹介


アーガイル柄のポロが可愛い
アンディ・マレーの1stサーブ


そして、2ndサーブ


上から見るとトスの位置関係が良く分かりますね!!


で、ナダル


ジョコ


いずれの選手も反ナチュラルハンドの方の位置より
腰がシッカリ前に出ていて
いわゆる「トロフィポーズ」のキープ時間が長い事が分かりますね

そのポーズ+膝のタメがれんさされて
インパクト時のトルクとなって行くのです

勿論体格等も寄与する部分があるのですが
スピードサーブ&切れのいいサーブを打つには
このカッコがかなり重要ですね!!

皆さんも参考にどうぞ!!


連続写真でロディック


ソダーリン



Posted by エリート・プレーヤーズ 山口 at 14:40│Comments(2)
この記事へのコメント
良い勉強になりました(`∇´ゞ

今後、できれば今日みたいなテニスの技術についても載せて欲しいですm(_ _)m

あと、エリートプレイヤーズは「エッグパワー」入荷してますか?
Posted by 岩田exo3 at 2010年11月26日 21:51
岩田exo3くん

勉強になったかい??

テニス技術解説たまにはいいね♪

エッグパワーは今現在ラインナップしてないんだ・・・
検討しとくね!!
Posted by プロショップ エリート・プレーヤーズ at 2010年11月26日 22:39
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ATPファイナルで
    コメント(2)